はちのわ日誌

イベント

春のはちみつ

春のはちみつ、いただきました。
春の初めに想定していたより少ない量ですが、それはこちらが勝手に取らぬ狸の皮算用をしていただけのこと…、ミツバチはがんばってくれ、十分な量を分けてくれました。
きらきらと、そして華やかな香りの、本当に宝物のようなはちみつです。
ミツバチへの感謝の気持ちがわいてきます。

ただいまオンラインショップのリニューアル作業を鋭意すすめています。
いましばらくお待ちください。

はちのわの蜂場からそう遠くない場所に「笹離宮」という所があります。
以前から存在は気にはなっていたのですが、“笹”か…あまり興味わかないなぁ…と行かずじまいになっていました。
しかし今年に入って、ご縁で笹離宮の方と知り合うことになり、お招きいただいて行ってみたところ、先入観をくつがえすとても素敵なところでした!笹ってこんなに種類があるんだ…というだけでなく、全体がとても清々しい雰囲気で、日本建築物も素敵ですし、縄文風の建物で催される様々なイベントなども面白そうです。
そして、笹離宮の園内に作成中の薬草園に、関わらせていただけることになりました。
いずれ、ここにミツバチを置かせていただいて、薬草の花のはちみつが採れたらいいね!という話になっています。
夢がふくらみます。
今年いっぱいはなんと入場無料!とのことですので、可能な方はどうぞぜひ足をお運びください。
笹離宮ホームページ

手前が薬草園エリアです
とても落ち着く場所です

また、笹離宮からほど近い場所に「サンロクカフェ」さんというお店があります。
ランチのピザやパスタ、夜のメニューもとても美味しい、店内の雰囲気も素敵な人気のカフェです。私もよく利用させていただいています。
メニューのひとつである「4種のチーズとはちみつのピザ」に、はちのわのはちみつを使っていただけることになりました。チーズとはちみつの相性はぴったりです。
コロナの影響でしばらくテイクアウトのみの営業となっていましたが、先日よりイートインも再開されているので、機会があればぜひこちらにも足をお運びください。
採れたばかりの春のはちみつを提供予定です。
サンロクカフェホームページ

テイクアイトした「4種のチーズとはちみつのピザ」

今アカシア(=ニセアカシア)の花が満開になっています。
初夏のはちみつ、今度は取らぬ狸の…はしないで心おだやかにミツバチに任せたいと思います。…でも昨年はアカシアの花が蜜を出さずに凶作だったので、今年はどうか…ということもありドキドキします。

これはマルハナバチかな?

熱中症対策にはちみつ

8月に突入しました。
とっくに真夏なので、これからまだまだか…と少々気が遠くなります。

逆走台風12号にはびっくりしました。
台風が来ると蜂場が心配ですが、今回も被害はなくほっとしています。

台風のあと、虹を見ました

自宅の日本ミツバチたちは、水場に飛んできてはしきりに水を巣に運んでいます。
「打ち水」をし気化熱を利用して巣の温度を下げるそうです。すごいですね。

タワシは溺死防止のために

今年は「熱中症」というワードを聞かない日がなく、より暑さを意識してしまいます。

熱中症予防には水分、ミネラル、塩分の補給が大事ということですが、それならばはちみつがおすすめです。
はちみつを水に溶かしてレモン果汁を加え、塩をひとつまみ。
はちみつ(もちろん非加熱の)はビタミンやミネラルの宝庫ですし、糖分であるブドウ糖と果糖は、すばやく身体に吸収されるので暑さに疲れた身体への栄養補給にもなります。

8月3日は「はちみつの日」。
毎年この頃開催の「はちみつフェスタ」ですが、うっかり告知を忘れていました。7/27-7/29に開催されました。
養蜂がまだまだ忙しい時期なので、今年は本格的な参加は見送り、国産はちみつセットに「森のしずく」を参加させ、1日手伝いに行ったのみでした。

この時期の養蜂の作業はきついものがあります。
巣箱も何段かになっているので力も根気もいります。
ミツバチをつぶさないようになど気をつかっていることもあって、時間もかかってしまいます。
ダニが増加する季節になり、またスズメバチも訪れ始めており、その対策も必要になります。
先日作業をしながらふと、「養蜂って大変な仕事だな…」としみじみ考えてしまいました。

一年中なにかしら作業があり、ミツバチのために心をくだき。
そしてはちみつがとれるのは春から夏の数ヶ月間の3回だけ(はちのわの蜂場では)です。
それも、気候やミツバチの状況によっては思うようには採れず、採れたら採れたでそれを販売しなければ収入は得られない…

農薬(化学合成のダニ剤など)を使わないことなどを心がけているので、余計に大変さを感じるのかもしれません。

農業には慣行農法(化学肥料・農薬を使用)、有機農法、自然農法…などありますが、養蜂も同じです。
この話はまた別の機会に書きたいと思います。

ともあれ、いわゆる農業の大変さ、というものを身にしみて感じはじめている今日この頃です。
でもミツバチに接すること自体が大きな喜びとなっていて、ミツバチに会いたくて仕方ないのです。
この気持ちがあるから、続けられると思っています。

虫たちのおかげでトマトもよくできています

ミツバチサミット

先日、筑波大学大学会館にて2日間開催された「ミツバチサミット」に、1日だけですが行ってきました。

「ミツバチに関わるすべての人へ」というキャッチコピーで、養蜂家のみならず、研究者、ポリネーション関連、販売会社、学校や行政関係、などなどが交流し、情報や意見を交換するということがコンセプトとのこと。

『ダニ問題を斬る!』というシンポジウムを目当てに行ったのですが、期待していたほどには斬ってなかったのが残念でした。
こちらが、養蜂家目線で、最新のダニ研究情報や斬新な対策などを勝手に期待していたせいもあると思いますが…

また、ちばてつや原作のアニメで、養蜂家一家に生まれた少年が主人公という『風のように』も鑑賞したのですが、機材の不具合で全部見られなかったのも残念。

けれど、新しい知見も得ることができ、行った意義はありました。
ミツバチの本も買うことができました。
今年は第一回目の開催ということですので、今後徐々に内容も充実してサミットが続いていってほしいなと思います。
サミットというからには自ら進んで交流していく姿勢も必要かもしれません。

翌日は越冬準備の仕上げに蜂場へ行きました。
日中晴れていても風はひんやりしていて、暖かい時間は短く、すぐに気温が下がってしまうので、ミツバチを寒さにあてないように気を使いました。
もう巣箱を開けられる機会はほぼないだろうなと思いました。

すべての群に越冬装備を施し終わって、ほっとしながら帰途につきました。
ミツバチたちが、皆無事に冬を越えてくれるよう祈るばかりです。
新宿で高速バスを降りると、もうクリスマスのイルミネーションが輝いていました。

『はちみつフェスタ』に出品します

8/1(土)・2(日)に、銀座(紙パルプ会館)にて「はちみつフェスタ」が開催されます。
はちのわも、ともに養蜂を学び、日本各地で養蜂を始めている仲間たちと共同で出店します。
いろいろなはちみつを味わえるだけでなく、はちみつを使ったワークショップや講座なども開かれる楽しいイベントです!
入場無料です。

イベントの詳細はこちらをご覧ください。
はちみつフェスタ


  • 最近の投稿

  • 2020年12月
    « 11月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • カテゴリー

  • アーカイブ


Top