はちのわ日誌

日本ミツバチ

農薬は身近に

11月に入ると同時にミツバチの冬支度もひとまず完了し、ほっと一息ついて過ごしていたらあっという間に時間が過ぎてしまいました。
一度寒くなりましたがその後暖かい日が多く、このあとどうなるのかな?と少し気になります。
八ヶ岳も雪化粧したかと思うと消えて、を繰り返しています。

11月上旬の八ヶ岳

はちのわのセイヨウミツバチもニホンミツバチも、元気です。
お互いに盗蜂(他の群を襲ってはちみつを盗むこと)が起こることもなく、それぞれ穏やかに過ごしています。
自分の巣に十分な食料(はちみつ)があれば、他群から奪う必要などなく、また、群が強ければ襲われることもないのでしょう。

冬仕度をしたセイヨウミツバチの巣箱
こちらはニホンミツバチの巣箱
ニホンミツバチも元気です!

さて、周辺の農薬について書くと言っておいてのびのびになっていましたが、楽しくない話題は済ませてしまったほうがよいですね。
「はちのわの蜂場の半径数km以内に農薬は使われていないか?」というご質問に対して、答えは「No(使われている)」。そのことについて説明します。

はちのわは、八ヶ岳の西麓、標高1150mの森の中にあります。
このあたりは農地の限界に近く、標高が低くなるにしたがって農地や民家が多くなり、山側は森、別荘地などという場所です。

蜂場から少し離れたところにも農地がありますが、目の前ではなく、ミツバチたちは近くに蜜源があればあえて農地にはいかないだろうと思います。
しかし行く可能性はゼロではありません。
その農地には農薬が使われていると思った方がよいでしょう。

そして、農家さんだけでなく、一般の人が簡単に手に入れられる農薬もあるのをご存知でしょうか。

少し前に、ニュージーランド産のマヌカハニーからグリホサートが検出されたというニュースがありました。
『新型コロナで人気沸騰の高級蜂蜜から発がん性疑惑農薬』(yahoo!ニュース 2020.8.16)
農場や牧場が汚染源だそうです。
グリホサートは発がん性が疑われて世界では使用禁止の動きが広がっている除草剤の成分です。(以前「はちみつコラム」でもとりあげました
しかしニュージーランドでも…!という思いです。
世界の流れに逆行している農薬大国日本はどうなのでしょう?

ホームセンターで誰でも買えるグリホサート (ラウンドアップ)

上の写真は、いつも利用するホームセンターです。
どこのホームセンターでも見られる光景かもしれません。
目立つところにずらっと陳列されているこの「ラウンドアップ」の主成分はグリホサートです。

先日、地域の川の清掃があったのですが、ゴミの中にラウンドアップの容器があったのです。
近くで誰かが使っているんだ…川にも流れているかもしれないんだ…と、ショックでした。
現状では、どうかミツバチたちが接触しませんように、と願うほかありません。

このように、農薬は身近に存在します。
上記のニュースの中に、こんな一文がありました。

“農薬汚染に敏感な養蜂業者は、ヘリコプターを使うなどして、農薬汚染の心配のない山奥に巣箱を設置するという。逆に、安全意識が比較的低い養蜂業者は、農薬汚染のリスクを承知で作業が楽な場所に巣箱を設置し、結果的にグリホサートが蜂蜜に混入してしまうという。”

ヘリコプター…?個人にはとても無理でしょう。
作業が楽な場所に巣箱を設置…?養蜂家はどこでも置きたい場所に好き勝手に巣箱を置けるわけじゃないのはニュージーランドだってそうなのではと思うのですが(少なくとも日本では申請、調整、許可が必要)。

養蜂家だけが苦労して、農薬のない環境を探し求めてミツバチを移動すべきなのでしょうか。
農薬の心配をしなくてよい環境を作る方向へ、社会全体が動くのが正解では?と思います。
はちのわでは抗生物質やケミカルなダニ駆除剤(農薬)を使用しないでミツバチを育てるよう努めています。(※これらの薬剤が使用されていても用法用量がきちんと守られていればはちみつに残留することはありません)
でも環境の農薬まではコントロールできません。
はちみつの農薬汚染について、養蜂家だけを責めないでほしいなぁと思うのです。
農薬が使われる場所の近くで養蜂をせざるを得ない養蜂家さんたちはミツバチを守るために本当に苦労されています。

はちのわでは過去、はちみつの残留農薬(115項目)の検査をして全て非検出でしたが、検査費用が高く個人で毎回継続して検査するのは難しいです。
(しかも115項目もやっても農薬成分の全てではないのです)
今後も、安心できるはちみつを提供するためにできることを考えていきたいです。

こちらでできた友人たちと訪れたもみじ湖にて
一息つきながらまた来年に向けて準備します!

ミツバチと砂糖水

早いものでもう10月です。
数日前、朝の気温が0度近くになっていてびっくりしました。
日中はまだ暖かいのでつい油断しそうになりますが、ミツバチの冬支度もいつ寒くなってもいいように安心できるところまで終わらせないと!というところです。

さて、前回の記事で、ミツバチと砂糖水、周辺環境の農薬について、改めて書くということにしたので、今回は砂糖水について書きたいと思います。

(まず大前提として、砂糖水を与えてミツバチにはちみつを作らせ販売する、というのは論外としての話となります。)

「ミツバチに砂糖水?不自然!ミツバチかわいそう!」…と、私も養蜂を知らなかった頃なら思ったでしょう。
けれど、結論として、ミツバチに一切砂糖水を与えないで(=給餌せず)養蜂を営む、というのはかなり難しいと思います。

はちみつとして一般に流通しているのはセイヨウミツバチのはちみつです。
セイヨウミツバチは明治時代に日本に輸入されました。
虫といえども、飼育するには保健所に届けを出す必要のある「家畜」です。

人間がミツバチの恩恵にあずかろうとする以上、他の家畜同様、完全な自然任せにしていては破綻してしまいます。
しかも養蜂に関しては、ミツバチが自分たちで食べるはずのはちみつを、全部ではないにしても奪っているわけですから…

ミツバチの餌として使われるのが、砂糖(ショ糖)です。
ミツバチはショ糖をブドウ糖と果糖に分解してはちみつを作ります。
餌には基本的に白砂糖(ショ糖含有率98%)が使われます。
精製された砂糖は体によくない、と言われますし、キビ砂糖などのほうがマシなのではないか?と考えたこともあったのですが、ミツバチの腸には不純物がかえって負担になるという説もあり、現状白砂糖が一番無難と考えています。
砂糖水に、ミツバチに必要な栄養素などのサプリメントを加えていますが、自然の花蜜に勝るものはないですし、砂糖水なんて与えないで済めばそんなにハッピーなことはないなと常々思っています。

しかし現実的には、無給餌というのは、例えば趣味養蜂でごくわずかしかはちみつをとらないとか、年間を通じてよほど蜜源植物が豊富な環境にいるか、などでないと難しいと思います。

特にはちのわの養蜂場は寒冷地なので、長い越冬期間の前には給餌をして補わないと、ミツバチが餓死してしまいます。
また、今年の長雨のような場合や、群を分けて増やし育てていく過程などでも砂糖水を与えることがあります。

でもやはりできれば砂糖水の給餌は減らせたらいいなと思います。
今後、ミツバチを増やすと同時に蜜源植物をもっと増やすことで、給餌を減らすことができるかもしれないと考えています。

なるべくミツバチにストレスをかけないで、自然に幸せに過ごしてもらいたい…と考えて日々試行錯誤していますが、そもそも日本の自然界では自力では生きていけないセイヨウミツバチを飼っていること自体が不自然では?と極端に考えてモヤっとしたりもします。
自然な養蜂、ってなんだろう…って考えてしまいます。

日本だと、本当はニホンミツバチでの養蜂が自然に近いといえるかもしれません。
実際江戸時代まではニホンミツバチでの養蜂がさかんだったのですし、皆が自分でニホンミツバチを飼えば、保護にもなり、はちみつも分けてもらえていいかもしれませんね。

この季節、スズメバチ(主にキイロスズメバチ。ミツバチを1匹ずつ捕まえて拉致します。集団で虐殺におよぶオオスズメバチが来ないのは本当に助かっています。)がミツバチを襲いに来るので、ミツバチを守るためにスズメバチは退治しなければなりません。
また、単独で冬を越えられそうにない群は、強い群に合同させる必要があり、その場合、弱い女王蜂は自らの手で処分しなければなりません。
目線をかえれば、それだってひどいことですし、自然なことではありません。
やりたくないなぁ…といつも憂鬱です。
でも養蜂を続けるには避けられないことです。
好きなことをするというのは、楽しいだけじゃないんだよな…と、かみしめる秋です。

はちのわのニホンミツバチとセイヨウミツバチの、キイロスズメバチに対する様子を動画に撮ってみました。
近づくキイロスズメバチを、ニホンミツバチはおしりを高く上げブルブルっと振って威嚇しますが、セイヨウミツバチはそういった行動はしません。セイヨウは健気に立ち上がって前脚を広げ「コラー!来たらやってやるんだからね!」という感じです。

ニホンミツバチ動画は途中スローにしています。
ニホンミツバチがおしりを振る様子が、(必死なのに申し訳ないですが)とてもかわいいです。

気が休まらない春

よい季節になりました。
山桜が咲き終わるのと交代するようにウワミズザクラが咲き、それも終わりミヤマザクラ、フジ、と春の花のリレーが続いています。
毎日何かしらの作業に追われてバタバタと過ぎていくうちに、アカシア(ニセアカシア)開花もせまってきて、初夏も目前となりました。

山桜(5月11日)

5月中旬には、ニホンミツバチがたて続けに3回も分蜂をして大慌てでした。
無事に冬を越してくれてよかったー元気だねー…とほっとしていたところで、まだ分蜂するほどでもないかなと油断していました。
1回目は、高さ30mほどもありそうなカラマツの高い枝に蜂球になってしまい、手も足も出ませんでした。
慌てて巣箱を用意しましたが、後のまつり。
どこかいい家を見つけたようで去って行ってしまいました。
2回目は、微妙に届かない高さの山桜の枝に。これもどこかへ行ってしまいました。
3回目に、設置した巣箱に奇跡的に集まってくれ、無事定着してくれました。

この高さでは手も足も出ません
3回目の分蜂群は巣箱に集まってくれました

以前は住宅地で、分蜂するたびにご近所の目にビクビクしていましたが、こちらではその心配は皆無であるかわりに、自然にまかせていると分蜂群を回収できる可能性はかなり低いことがわかりました。

ただ、こちらではニホンミツバチ愛好家は多いので、どこかのお宅の巣箱に入ってくれていたら喜ばれるだろうなと思います。
健康で元気なニホンミツバチですのでよろしくお願いしたいです。

ニホンミツバチ愛好家には、セイヨウミツバチは憎まれがちです。
そもそも外来種だから、とか、セイヨウミツバチがニホンミツバチを攻撃(盗蜂)する、病気の心配、などが理由と思います。
しかし私は、弱群のセイヨウミツバチがニホンミツバチによる盗蜂で滅んだという経験もしましたし、セイヨウだけが悪者にされるのは少々悲しいです。

今のところ、はちのわのセイヨウとニホンは、お互い干渉することなく、それぞれ暮らしています。
このまま、うまくやってくれるといいなと思っています。

左がニホンミツバチ、右がセイヨウミツバチ

越冬明けから、今年のはちのわのミツバチは皆元気だなぁ、はちみつも期待できそう!と思っていたのですが…ここのところ、生き物は思うようにはいかない、ということを改めて実感していて、実のところ、目下メンタルがダウン気味です。

それでも、これは与えられた課題なんだと思い、今後につなげようと思います。
3歩進んで2歩下がる…という感じですが、確実に少しずつ進歩はしていると思いますので、めげずに養蜂の道を歩いていきたいと思います。
幸せは歩いてこない、だから歩いてゆくんだね♪と頭の中でまわっている今日この頃です(昭和!)。

とはいえ、元気な群ががんばって春のはちみつ作りにラストスパートをかけてくれていますので、無事に分けてもらえるよう祈るような気持ちで過ごしています。

ところで、こちらに引っ越し、軽自動車の管轄が変わるので変更するようにという通知が1月に来ていたのですが、モタモタしているうちにコロナ騒ぎで行きづらくなってしまい、そうこうしているうちに県外ナンバー叩きとやらが発生したとかでモヤモヤしていました。
実際のところ何か嫌な思いをしたことはありませんが、こんなことで神経を使いたくなかったので、やっとつい先日ナンバー変更に行ってきました。

どうせなら「38-38」とか「39-38(サンキューミツバチ)」とか「11-38(イイミツバチ)」とかがいいな!と、さんざん考えて出かけたのですが、希望ナンバーは予約制だったとはつゆ知らず。
結局、全くミツバチに関係のない、ゴロ合わせもしづらいナンバーになりました…。

緑が濃くなりました

早春の栄養

ここのところ新型コロナウィルスのせいで穏やかでない社会情勢です。
原村は基本のんびりしたムードです…とはいえ、こちらでも、マスクもトイレットペーパーも店頭から消えてしまいました!
動揺しないといえば嘘になりますが、トイレットペーパーがなければ葉っぱでふけばいいや…くらいの気持ちで落ち着いて過ごしたいです。
ともかく、早く終息することを願っています。

2月下旬、暖かい日を狙って、今年初めて巣箱を開け、内検をしました。
ドキドキしながら1群1群、様子を確認していきましたが、結果として、この時期としては今までで一番ミツバチが元気でした!
産卵も始まっていました。
本当にほっとしました。

元気モリモリ!

はちのわ的には、春分の日をもって越冬終了、ということにしているので、あと一息、調子を崩さずに過ごしてほしいです。
ニホンミツバチも元気で、どこからか花粉を次々に運び込んでいるのでこちらも子育てをがんばっているようです。

がんばってくれてありがとう!(手がガサガサ…)

ミツバチの子育てにはタンパク質をはじめとした栄養が欠かせません。
ミツバチはタンパク源として花粉を利用しますが、女王蜂が産卵を再開する早春はまだ花が少ないので、栄養が足りなくなることのないように、「代用花粉」というものをミツバチに提供するのが人間にできるサポートです。

花粉そのものや、代替となる成分でできた製品を購入するのが通常で、はちのわでもそうしてきましたが、米ぬかを与えている養蜂家もいるということは知っていました。
試してみたかったのですが、ぬかには農薬が蓄積されるということなので、慣行農法のぬかはちょっと…と躊躇してきました。

原村に移住して、いろいろな人との出会いがあり、北杜市で自然栽培でお米を育てている方(自給農園めぐみのさん)とも知り合うことができました。
自分が玄米を食べていることもあって、早速玄米を購入させていただいたのですが、米ぬかもお願いしてみました。
無農薬の米ぬかなら安心です!
試しに米ぬかをそのまま置いてみたら、ミツバチが来て、花粉を集める時と同じように、足につけて巣に持ち帰っていきました。
ただ、パフパフなので集めにくいようでした。
これから、ミツバチが食べやすいパテ状にすべくレシピ開発したいと思います。

無農薬の米ぬかとミツバチ

先日、散歩をしていたら、蜂場からほど近いところに福寿草が咲いていました。
近づくと、ミツバチたちが来ていました。きっと、うちのミツバチだ!と嬉しくなりました。
春はそこまで来ている…とドキドキワクワクです。

春を告げる花、福寿草

ニホンミツバチの保護

はやいもので、あわただしくしているうちに夏至も過ぎました。
これから夏本番がやってくるわけですが、日は短くなっていくんだなぁと思うと微妙にさみしい気持ちです。

5月末の話になりますが、はじめて、民家に営巣したニホンミツバチの保護のお手伝いをしました。
少々長くなりますが、その時のことを書きたいと思います。

それは、はちのわの蜂場のある村で知り合った村の方から、ご相談をいただいたことが始まりでした。
都内の知り合いのお宅にどうやらミツバチが入居したようなので、なんとかできないだろうか、ということでした。

まずは一人で見に行ってみました。
そこは新宿駅からバスで15分ほどの住宅街でした。都会です。
築60年ほどの家の外壁の板張りのすき間からニホンミツバチが出入りをしていました。

家主は年配の女性で、駆除したいと思っているわけではなくむしろニホンミツバチに愛着すら感じていらっしゃるようで、このままでもよいのだけど…と仰っていましたが、なにせ都会の住宅街、近所に小さな子どもも多いので、万が一何かあったら…と心配していました。
私一人では手も足もでないので、ニホンミツバチの保護活動をしている知り合いのMさんを頼ることにしました。

保護当日には、Mさんとニホンミツバチの保護を何度も行ってきたベテラン、Nさん(女性)、Oさんもチームで来てくれました。

こんな外壁の内側のスキマにどのように巣を作っているのだろう?と不思議に思っていたのですが、外壁の板を外すと驚きの光景が広がっていました。
1階と2階の間に高さ30cmほどの、奥行きのある空間が広がっていて、そこに横にのびるように巣が作られていました。

外壁の板をはずすと…
ニホンミツバチがぎっしり!

まずは掃除機を改造した道具でミツバチを吸い取って回収し、仮の木箱に入ってもらいます。

ミツバチたちは、おとなしく吸い込まれていきます。
騒ぐかなと思っていたのですが、何の抵抗もしないのです。

巣板をとり外す段になった時には、さすがにミツバチたち怒るだろうな…と身構えていたのに、慌てる様子はあっても、攻撃してくるようなことはありませんでした。
拍子抜けしたというか、もうちょっと怒っていいんだよ!くらいに思ってしまいました。なんとおだやかな生き物なのでしょうか…

刺されることを予想して面布を被って作業していましたが、暑いのもあって、途中から脱いでノーガードで作業したほどです。

当初は外からミツバチと巣を全て取るつもりで作業開始しましたが、巣が思いのほか奥まで広がっていたので、途中から、2階室内から床板を外して作業を行うことにしました。

畳を上げ床板を外すと、はちみつがあふれんばかりに貯められた立派な巣が現れました。
ベテランの3人にとっても、今までの中でも大きい巣だということでした。
一枚ずつ取り外した巣板を、Nさんが大事に巣枠にはめていきます。

はちみつがたくさん!

作業中、向かいのお宅から若いお母さんと女の子が出てきて、なんだろうという様子で見ていたので、巣とはちみつと数匹のミツバチのついた板を持って行って見せたところ、お母さんは最初「刺しませんか?」と不安げでしたが、ニホンミツバチがおとなしいことをわかってもらえました。
女の子ははちみつをなめて「あまーい!」と笑顔になりました。

一日がかりの大変な作業でしたが、無事に終了しました。
一息ついて気がつくと首を1箇所刺されていましたが、このくらいの抗議で済ませてくれてありがたいくらいでした。
ミツバチたちはMさんに連れられて埼玉へと引っ越しました。
後日聞くと、元気で、無事に新しい生活を始めたとのこと。
貴重なはちみつも分けてもらい、ミツバチに感謝です。

この中に巣とミツバチが入っています

今回のお宅は、都会の中にありながら、庭には大きなサクラの木やモミジ、ビワ、ツバキなど、ミツバチが好む蜜源植物がたくさんあり、ミツバチにとってオアシスのような場所だったのでしょう。
おだやかに暮らしていたのに、心から申し訳ないと思いましたが、新天地でどうか元気に命をつなげていってほしいです。

今回は家主さんが理解のある方でよかったですが、Mさんによると、とにかく駆除、という話も多いようで、例えば都内某有名神社では、ミツバチが巣を作ったので業者に頼んで駆除する(殺す)というので、Mさんが「保護させてほしい」というと「お金は払わないよ」と言われたそうです。
Mさんたちはもちろんボランティアでやっていますが、なんてバチ当たりな神社でしょうか。

毎年どこかで起こる分蜂騒ぎのニュースを見ても思いますが「蜂が大発生!」(別に湧いて出たわけではない)「危険!」(こちらが危害を加えなければ蜂も攻撃しませんし、分蜂した蜂は特におとなしい状態にあります)「駆除!」(もってのほか)というようなワードは使わないでほしいものです。
マスコミは、春におこる分蜂について、いいかげん学習できないのだろうか…?あるいはあえてセンセーショナルにしたいのか…?といぶかしく思ってしまいます。
ちなみにこの春、恵比寿でのセイヨウミツバチの分蜂騒ぎがニュースになりましたが、蜂の回収にあたった養蜂家(実は私の養蜂仲間)が、これは分蜂という現象で、ミツバチはこちらが手荒なことをしなければ刺さない、ということを取材陣にアピールしてくれたおかげか、今までよりは報道がマシだったと感じました。

もしも身近にニホンミツバチが巣を作ったら、そのまま見守るか、どうしてもどいてもらわないとならない場合には決して殺虫剤などかけず(かえって危険です)、どうか保護してくれるところにつないでください。
役所によっては保護につなげてくれるところもあると思いますし、もし駆除という話になるなら、とりあえずはちのわにでもよいのでご連絡ください。保護につなげるよう努力します。

夏至を過ぎた頃、自宅庭のシマトネリコはにぎやかになります
マルハナバチやカミキリムシ、コガネムシなどもきます

  • 最近の投稿

  • 2020年12月
    « 11月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • カテゴリー

  • アーカイブ


Top