はちのわ日誌

西洋ミツバチ

ウメばあさん

2019年生まれの、「ウメ」と名付けた女王蜂がいます。
2020年、他の群が調子を崩したり、いまひとつだった中で、ウメ群はまさに群を抜いて勢いがあり、希望を与えてくれた女王です。

3群から始まったはちのわのミツバチたち、今年は20群を超えました。その8割ぐらいはウメ女王の娘や孫女王の群です。
今のはちのわの賑わいはウメ女王のおかげといってもよいでしょう。

例えば、異なる血統も必要と思って昨年業者さんから購入した女王蜂は、採蜜できるほどの群の勢いも出ないまま、いつのまにか姿を消してしまいました。(2020年生まれの若い女王のはずなのですが…)
高いお金を出して女王蜂を買っても、必ずしも強いわけではなく、女王蜂如何ではちみつの採れ高も変わるわけなので、勢いのある女王蜂は本当に貴重で重要な存在です。

しかしウメ女王も、3回目の越冬はさすがに無理かなと思っていました。産卵の勢いもなくなってきていました。
養蜂業では、毎年若い女王に人為的に交代させるのがセオリーなのですが、私はどうにもそれがつらくてスパッとできず、調子が悪くなければそのままにしています。
特に恩人(恩蜂?)であるウメ女王の最後は見届けたい…と見守っていました。

ある日、ウメ群を内検していると、隅の方に、立派な王台(新しい女王蜂が生まれる房)がありました。「更新王台」だと思いました。
働き蜂たちが、群の存続のために女王を交代させようと決めた時に作る王台です。
ということは、ウメ女王は死が近い(殺されてしまう)のかな、と思っていたのですが…

後日、新しく誕生した女王蜂とともに、なんと旧ウメ女王もいたのです。
女王蜂は1群に1匹というのが大原則なのですが、1群に新旧2匹の女王蜂がいることも稀にある、という話は聞いていました。以前はちみつコラム(『「女の一生」ミツバチ編』)にも書いたのですが、我が目で見たのは初めてです。
ツーショット写真を撮れればと思ったのですが、なかなか難しく…

産卵中の旧ウメ女王。羽が少し欠けているのが特徴
ウメの娘女王

無事に交尾飛行から戻った娘女王蜂が産卵を開始して、そろそろ旧ウメ女王もいなくなってしまうのかなと思っていたのですが、なんといまだ健在!
旧ウメ女王は、働き蜂たちに敬われているように見えます。
このまま3度目の冬を迎えるのでしょうか。ドキドキします。
(ちなみに先述のコラムには女王蜂の寿命は4、5年と書いていますが、そこまで生きることは実際にはなかなかないのではと思います)

そういえば、数年前、コラムを読まれたあるテレビ番組の制作会社さんからお問い合わせをいただいたことがありました。
有名な元予備校講師の某先生のバラエティ番組の題材として、女王蜂のことを取り上げたいということでした。
「群の存続に女王蜂が貢献しない場合(年老いて産卵力が落ちたり、体に欠陥があるなど)は働き蜂が女王蜂を殺すことがある」という点をクイズにしたいようでご質問いただきました。

知っていることや文献は誠心誠意お伝えしました。
ミツバチの生態に詳しい先生をご紹介できることもお伝えしたのですが、あまり深く調べるおつもりはないようでした。
そしてどうも、「働き蜂が女王蜂を殺す」という刺激的な点にばかり焦点をあてたい感じが伝わってきて、モヤモヤしました。
視聴者の「えーっ!」とか「へぇー!」とかの反応を得ることが目的なのですからそうなるのでしょう。

インタビューの打診もいただいたのですが、自分がその瞬間を目撃したわけでもなく、自分のようなペーペーが知ったようなことを言いたくないですし、ミツバチについて偏ったイメージが拡められるのはいやだと思いました。
また、発言が番組に都合のいいように切り取られる可能性もゼロではなく、偏った話の片棒を担ぎたくないと思い、お断りしました。
結局番組がどうなったのかは分かりません。

どこの誰か分からないような養蜂家に聞いたことだけで取材を完結させようとする姿勢や、ショッキングなことだけに焦点をあてようとする姿勢…お忙しいのでしょうが、どうなんだろうと思いました。
バラエティ番組なんてそんなものなのでしょうか…でもテレビの影響力は大きいのです。

テレビ(メディア)というのは、刺激的なことやショッキングなことで人を惹きつけ、誘導するものだとは思っていましたが、このことでその一端を実際に垣間見た気がしました。
テレビの言うことを鵜呑みにするのは本当にあぶないですね。
ミツバチの話くらいで済めばいいですけれど…

また例えば、毎年どこかで起こる分蜂(巣分かれ)騒ぎのニュース。
テレビは大体「ミツバチ大発生!!」と騒ぎ、街の人々がおびえる様子を映します。
あれでは何も知らない人は「わー怖い!危ない!」と思ってしまって当然です。
でも「大発生」したわけではないですし、分蜂群はとてもおとなしく、下手な手出しをしなければ刺されることなどまずありません。
怖がって殺虫剤で殺そうなどするほうがかえって大惨事になります。
春の風物詩くらいに思ってほしい自然現象です。
放っておけばいずれ飛び去っていきますし、養蜂家を呼べば、よろこんで捕まえに来て、一件落着です。

伝える側に学習能力がないのか、わざとなのか分かりませんが、毎年毎年、いい加減に正しい情報と知識を伝えてくれないものか!と思います。

昔はなんとなくテレビをつけてぼーっと見ていましたが、今はほとんど見なくなりました。とても快適です。
もちろんよい番組、好きな番組もあり、それは録画をして見るようにしています。

物事にはいろいろな側面があり、テレビで伝えられることが正しいわけでも、全てでもない。むしろ伝えられない真実がたくさんある、ということは常に念頭に置いておかねばならないと思っています。

閑話休題。

10月に入り、ぐっと気温が下がった…と思いきや、なにやら暖かい日が続いています。
さわやかな秋晴れ、気持ち良いのですが、例年よりだいぶ気温が高いようで、日中作業していると汗がしたたり落ちるほどで、それはそれで微妙な気持ちになります。
とはいえ、いつ寒くなってもよいように、冬支度にいそしむ日々です。

旧ウメ女王はあえて廃さずとも、いずれ自然に死を迎え、新しい女王に交代するのでしょう。
自分が手を下さなくていいんだと思うとホッとします。
働き蜂たちに、最後まで大事にされてほしいです。

しかし養蜂を円滑に営むためには強い群を維持しなければならないため、女王を交代させたり廃したりすることを完全に避けることはできず、毎度毎度、煩悶しています。

特に、この季節は、しっかり越冬できる群にするために弱い群は合同したり(弱いほうの女王蜂は廃さなければならない)、スズメバチをたくさん退治しなければならなかったり…。
オオスズメバチは見た目もコワイですが、羽音も重低音でめちゃコワイのです。
作業中に羽音が近くをかすめると体がすくみます。
キイロスズメバチなんてザコだと思えるくらいです。
でもスズメバチも家族のために一生懸命なんだと思うと、こちらの都合で命を奪うなんて…とへこみもします。
秋は、養蜂シーズンの中では最も憂鬱な季節かもしれません。
(と、もしかしたら毎年同じようなこと書いているかも…)

今年はオオスズメバチが例年より多く来ています

言葉のちから

前回の投稿、楽しくない話を書いてしまったな…と、アップ後に少々気にしていたところ、その記事を読まれた方からメールをいただきました。
とても励まされる応援のメッセージでした。
「がんばろう」と思えました。

ネットの向こうのお会いしたことのない方々から時折いただく、はちみつのご感想や応援のメッセージに、その都度励まされています。ありがとうございます。
世の中、ハートの温かい人たちがいるんだな…とホロリです。

晴天の日に改めて内検をしたら、ミツバチたちは穏やかに接してくれました(でも警戒しているミツバチに数回は刺されましたが)。
まだスズメバチの警戒期間は続きますので、毎日のパトロールで被害を防ぎます。

腰には熊よけ鈴をつけてます

ミツバチが可愛くて、いつも内検をしながら「かわいいね」「がんばってるね」などと小声で話しかけています。
先日痛い思いをしてから、以前より大きく高めの発声で「ちょっと見せてねー」「あーいいね!すごいねぇ」「刺さないでくれてありがとう!」などと声をかけています。
及び腰になってしまった自分のテンションを上げようという気持ちからですが、さらにシュールさが増したかもしれません。

しかし、いつもは穏やかなミツバチに攻撃されたことで、一発ビンタをくらったような気持ちになりました。
今まで、前のめりでストーカーっぽかったというか、ミツバチ可愛さのあまり心配や感情移入をしすぎたり、なめまわすように内検しがちだったかもしれません。

初期の頃は心配すぎて夢の中でもミツバチのことを考えるほどでしたが、さすがにそういうことも減りました。
少しは経験を積んだのだし、やはりもう少し余裕をもったほうがいいですね。
やることはやったと思ったら、ある程度自分もミツバチも信頼して、適度な距離感をもって、肩の力を抜いてのぞもうと思いました。

そして、うまくいっていないことより、うまくいっていることにフォーカスしてみれば、養蜂を始めた頃に比べて、今の状況がどれだけ進歩したか。
また、自分はどれだけの課題をクリアし成長したことか。
これからも、自分は常に進化の途中なんだということを頭に置きつつ、目の前のことを落ち着いてやっていこう、と思うに至りました。

しんどかった日の夜、寝ていたら肩に痛みを感じました。
すわ五十肩!?もしミツバチの世話ができなくなったら…誰にも頼めないんだ、ということにハッとしました。
幸いただ寝相がよくなかっただけのようで痛みは消えましたが、焦りました。

ミツバチのケアを続けるには自分のケアも大事。
これまで、朝起きたら、「さあミツバチ!」でしたが、先日から、まずラジオ体操をすることにしました。
それと、ずいぶんさぼっていた簡単なヨガも再開しました。

ミツバチにはいろいろと気づかされてばかりです。


詳細はいつか改めて書こうかなと思っているのですが、私が田舎暮らしを志し、養蜂を始めるに至った経緯、その発端として、東日本大震災があります。

2011年4月のある日、私は仕事の打ち合わせの為に東京丸の内にあるお客様先へ行かねばなりませんでした。
「原発、爆発してるんですけど…?余震、続いてるんですけど…?」と不条理を感じつつも、一介のフリーランスである私はビクビクしながら出かけて行きました。

打ち合わせまで時間が少しあったので、丸善で本を眺めていました。
なぜその本が目に留まったのか覚えていないのですが、手に取ってページを開いてみたのが、『奇跡のリンゴ』(石川拓治著・幻冬舎文庫)でした。(当時木村秋則さんのことは、お名前は聞いたことあるかなくらいの認識だったと思います。)

本の冒頭に載っていた詩に心打たれたのですが、今読み返すと、当時とはまた違った意味で心に染みます。
引用します。

———
危険から守り給えと祈るのではなく、
危険と勇敢に立ち向かえますように。

痛みが鎮まることを乞うのではなく、
痛みに打ち克つ心を乞えますように。

人生という戦場で味方をさがすのではなく、
自分自身の力を見いだせますように。

不安と恐れの下で救済を切望するのではなく、
自由を勝ち取るために耐える心を願えますように。

成功のなかにのみあなたの恵みを感じるような
卑怯者ではなく、失意のときにこそ、
あなたの御手に握られていることに気づけますように。

(ラビンドラナート・タゴール『果物採集』より 石川拓治訳)
———

これからも、はちのわを応援してくださっている方々のために、本物のはちみつをお届けすべくがんばる所存です。

内省的なことを長々と書いてしまいましたm(_ _)m
(これからも書いてしまうと思います)

シュールな光景

8月末に、保健所による「腐蛆(ふそ)病検査」がありました。
「腐蛆病」は読んで字のごとく幼虫が腐ってしまう病気で、家畜伝染病に指定されており、養蜂家は毎年検査を受けなければなりません。
今年も、はちのわのミツバチたちは合格でした。

腐蛆病にかかっていると蜂児の房の蓋がへこんでいたりします。
検査員の方に指定された巣箱を開け、蜂児のある巣板を見せるのですが、「きれいですね」と言っていただき、まるで自分が褒められたように、うれしかったです。
これからも、健康を維持できるよう努めます。

蜂児の蓋がふっくらきれいなのは健康の証

今年は、ソバの蜜がいつもより入っているように思います。近くにソバ畑が増えた気がします。ありがたいです。
いつか、ソバ蜜の採蜜もできたらいいなぁと思うのですが。

色が濃いソバの蜜

それにしても、8月末に夏が戻ってきたと思いきや、9月に入ったとたん気温が下がり、またもや雨続き。
「しかし、よく降るねー…」と思わず口にしてしまいます。
作業も思うようにできないし、災害も頭をよぎるし、気持ちもついどんよりしがちです。
ただ、これだけ雨が降れば、このあたりの川も、その水が集まる諏訪湖も、その先の天竜川も、ずいぶん水が入れ替わってきれいになったのではないかなとも思うのです。
浄化の雨なんだ、と思うことにします。

少し前に、近くにクマが現れたという知らせがありました。
はちみつ大好きクマさん、どうかここには気づかないで…と願うばかりです。

また、ここのところミツバチを襲うスズメバチが増えてきたせいなのか、この不安定な天候のせいなのか、なぜかミツバチたちが攻撃的なのです。
先日、雨上がりを狙って内検したのですが、あまりに何度も刺されるので(手袋はしているのですが、3回に1回くらいは皮膚に針が届きます。指は特に痛い)、痛さのあまり思わず叫んでしまいました。
刺したミツバチは死んでしまうので、いつもは申し訳なく思うのですが、この時はそんな気持ちにもなれませんでした。
つらくて泣きたくなり、内検を投げ出したくなってしまいました…今までこんなことあったかな?

養蜂を初めて2、3年目くらいに、蜂毒アレルギーの症状が出て、やばいなぁと思っていた時期があります(蕁麻疹や粘膜の腫れなど)。
今は体が慣れたのか、大事には至っていませんが、今後どうなるのかは分かりません。
ただ、蜂毒療法があるくらいで、蜂毒は免疫力を向上させるそうなので、地味に(あくまで地味に)刺され続けるのは体にいいはず、と思ってます…!
実際、養蜂をされているお年寄りは、長生き&お元気な気がします。

それにしても森の中で一人、スズメバチ飛び交う中でミツバチに刺されまくり悲鳴をあげるおばちゃん…かなりシュールな光景だなぁと苦笑いです。
願わくば、実は近くまで来ていた熊が悲鳴を聞いて逃げていたというオチなら救われますが。
スズメバチの中でも、オオスズメバチは本当に怖いのですが、今年は少し数が増えたような…大挙して来られる前に、見つけ次第網でつかまえやっつけるようにしていますが、これだってヘタすれば命取りです。

蜂や熊に襲われ斃れても、しばらく誰にも気づかれないでしょうし、今の私には、新型コロナよりも熊やスズメバチ、そして攻撃的になってしまっているミツバチのほうが、差し迫った脅威です。
なぜ私はこんな思いをしてまで養蜂やってるんだっけ…?と強めに頭をよぎってしまう今日この頃。
しばし養蜂を忘れ休みたいところですが、生き物相手の仕事は、そう簡単に投げ出せないのですね。
第一次産業(といっても、現状商売としては成り立っておらず。趣味にしてはハード過ぎ!)の大変さ、今更ながらかみしめています。

全く関係ありませんが、用事でJAバンクへ行った際、JAバンクのキャラクターを「これはバク?なんだろう…」とまじまじ見ていたのですが、ゾウのようです。そして、いつも傍にミツバチがいるんですね。

よりぞう君というらしい
ミツバチが相棒のようです

夏の悲喜こもごも

8月中旬の豪雨で、被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。
当地も大雨が続き、裏を流れる小川の水位が見たことのない高さになり、溢れるのではないか、土砂災害が起こるのではないか、とヒヤヒヤの数日間でした。

幸い大きな被害はなく豪雨は終わりましたが、その後も、一日中しっかり晴れる日が無いような、梅雨の再開かと思うような日が続いています。
暑い日々が懐かしいです。晴れてセミが鳴くとホッとします。

世界各地でも洪水や山火事が多発するなど、地球は、本当に今何かが起きているなと思わざるを得ません。

8月末には夏のはちみつが採れるよう、ミツバチの態勢を整えていましたが、夏のはちみつはもともとあまり量が採れないうえに、こう天候が不安定だとミツバチたちの食料確保のほうが心配になります。
ですので今年も、夏のはちみつを採るのは見送ることにしました。
楽しみにしていてくださった方には大変申し訳ございません。
ご理解いただけましたら幸いです。

雨が上がると、ミツバチたちはがんばって花々をめぐり蜜や花粉を集めます。
今の時期は、オオハンゴンソウの黄色い花粉で、巣門や巣の中が黄色くなるほどです。
子育て用に、越冬の食料に、しっかり食料を確保してほしいです。給餌もして、サポートしています。

手前の黄色い花がオオハンゴンソウです
リョウブ
オオバコの花粉は真っ白です
目が合ったかも?

話は変わりますが、昨年の冬に畑を借りることができました。
畑といっても10年以上何も作っていなかったそうで、下の写真のように、イネ科の雑草が一面がっちりと根をはっており、どう手をつけていいやらという状態でした。

2020年12月の様子

根が強すぎてトラクターも無理ということで、とにかく地道に掘り起こすしかないと、夫とともに少しずつ草と格闘してきました。
今年はなんとか1坪ほどを畑にして、ご縁でいただいた苗を植えて楽しんでいます。
周りは相変わらず雑草だらけですが、努力の甲斐あってか植生が変わったようで、アカツメクサなどが増えました。マメ科なので、土にもいいのでは?と思っています。

2021年8月の様子(豪雨前)

何より、蝶やバッタ、そしてハチなど、虫たちの憩いの場になっているようで、見ていて嬉しくなりました。
また、畑の周りが草だらけのせいで、どうやら逆に作物にはあまり虫がつかないという利点もあるようです。
植えっぱなしで、忙しくてほとんど手をかけられないでいるのですが、ピーマンや枝豆などけっこう採れてしかも美味しいです。

今は養蜂のことで頭も体もほぼいっぱいなのですが、畑の他にもやりたいことがたくさんあります。
もう少し余裕をもって養蜂に取り組めるようになりたいものです。

遅ればせながら

お知らせが大変遅くなってしまいましたが、初夏のはちみつ「森のしずく・初夏」の販売開始しております。

前回の記事にも書いたのですが、今年はニセアカシア (=アカシア)の花がほとんど咲かず、どうなることやら…と思ったのですが、ミツバチたちは他の花々からがんばって蜜を集めてくれました。
ありがたいことです。

例年初夏のはちみつは、ほぼアカシア蜜といえるのですが、今年は例年とは色も味も違うはちみつとなりました。
主に何の花の蜜なのか、ということはすみません、経験不足ではっきりわかりませんがクリの花の影響は強そうです。
これはこれで、面白いなと思います。今年だけの味わいかもしれません。

左が昨年の初夏のはちみつ、右が今年の初夏のはちみつです。

採蜜には、原村で親しくなった方々や、はちみつを置いていただいているパン屋フリルフスリフ(friluftsliv)さんのご主人にも来ていただいて採蜜の様子を体験していただき、その後皆で採りたてのはちみつを味わいました。
とても喜んでいただいて、私も嬉しかったです。
今後もう少し余裕ができたら、採蜜体験会をイベントとして開催できたらいいなと思いました。

7月中旬からしばらく、蜜源となる花がガクッと少なくなるのですが、8月になるとオオハンゴンソウが咲きそろってきてほっとします。
オオハンゴンソウは外来種で繁殖力が強いため嫌われがちなのですが、ミツバチにとってはとてもありがたい花です。
しかし、やはりこの花に頼らなくてもよいように、在来種を中心とした夏の蜜源植物を増やしたいものです。

(この下の写真は、虫嫌いの方はご注意ください)
畑で、少しですが野菜を作っています。
先日ピーマンが出来ていて喜んで採っていたら、真っ白い体に赤と黒の柄の美しい蛾がとまっていました。

農薬を使わない畑にはいろいろな虫がいて、困ることもありますが、楽しくもあり。
カマキリがいると、パトロールしてくれているんだなと嬉しくなりますし、うまく共存共栄できたらいいなと思います。


  • 最近の投稿

  • 2021年10月
    « 9月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • カテゴリー

  • アーカイブ


Top