はちのわ日誌

雨雨雨の7月

今年の長雨にはほとほと参ります。
各地でまたも災害が起きてしまいました。被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。
当地でも連日のように大雨警報やら土砂災害警報やらが出て気が気ではありませんでした。

初夏のはちみつは、7月の上旬に雨の隙をついて採蜜したのですが、ミツバチたちは連日の雨で思うように外に蜜を集めに出かけられない状況だったので、いつもよりもはちみつを多く残すようにしました。
ですので、人間用に分けてもらった分はだいぶ少ないものとなりました。

今年は本当に貴重な初夏のはちみつ

その後も雨は降り続き、ミツバチたちは残しておいたはちみつも消費する一方。
また、雨で思うように巣箱を開けられず、久々に内検した強勢群に王台がたくさん作られていてびっくりということがあり…
初めて、セイヨウミツバチを分蜂させてしまいました。
分蜂群はやはり高い枝に留まってしまい、空き巣箱を置いて待ちましたが、戻ってきてくれませんでした。
セイヨウミツバチは日本の自然の中では自力で生き残ることは難しいので、行く末が案じられます。
王台からは新しい女王が生まれました。
来年、活躍してくれるといいなと思います。

初夏のはちみつは、残念ながら大瓶(300g・500g)はご用意できそうにありません。
求めてくださる方に十分にお応えできないことが本当に残念ですし心苦しいです。
夏のはちみつ作りはこれからが本番ですが、どうなることやらわかりません。

自然のことだから思うようにはならない…と分かっているとはいえ、昨年「来年こそは!」とがんばってきただけに、次に初夏のはちみつが採れる機会はまた1年先なのか…と思った時の、徒労感の凄まじさたるや、です。
昨年の不作に今年の長雨。ミツバチが好きでなかったら、養蜂を投げ出しているかもなぁと思いました。

とはいえ、こんな中でも学ぶことは多く、何事も経験、今後に生かすように、ということなのでしょう。

7月はほとんど雨で悶々としているうちに終わってしまいました。
8月に入ると同時に梅雨も明けた?ようです。
これほどまでに雨に悩まされ、お日様を待ち望んだのは、初めてかもしれません。

オンラインショップのほうの対応が遅れていて申し訳ございません。いましばらくお待ちください。

笹離宮さんにも、森のしずく(50g・100g)を置いていただけることになりました。

雨の笹離宮
久々の晴れ間にニホンとセイヨウのツーショット

  • 最近の投稿

  • 2020年8月
    « 6月   9月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • カテゴリー

  • アーカイブ


Top