はちのわ日誌

春進行中

おおむね週1ペースでしか蜂場へ行けないため、行くたびに季節がどんどん進んでいます。
つい先のことばかり考えてしまいますが、今まさに盛りとなった春を、立ち止まって味わうゆとりももちたいものだと思います。

ウワミズザクラの花

先週はウワミズザクラが満開を迎えており、そしてミヤマザクラが咲き始めていました。
うまく花のリレーが続けばいいなと思います。
ミツバチたちもはりきって花の蜜を集めています。
ちょっとペースが遅い気がするな…もっとがんばって!とつい欲が出てしまいますが、今年も、ミツバチたちの分はしっかり残していきたいですし、人間がいただける分がどれくらいになるか、少々心もとない気持ちではありますが、無理は禁物です。

巣房の中できらっとしているのがミツバチが集めたばかりの蜜です

毎年蜂場で子育てをしているキセキレイは、安全な物置小屋の中に巣を作りました。
(巣を作るために出入りしている親鳥とよくはち合わせしました…)
先日、巣は屋根裏の棚に作られていることが分かり、親鳥のいないスキにこっそりのぞいてみました。
薄暗くてよく見えない中でカメラをかざすと、モソモソッと動く気配がしました。
すでにヒナがかえっていました!
私が物置小屋内にいる間はシーンと静まり返っていますが、物置小屋の外に出るのを見計らって親鳥が入り、エサを与えている様子で、外から耳をすますと「ピィピィ!」とエサをねだるヒナの声が聞こえました。
ヒナたちは親鳥から「人間に気づかれないようにするんだよ!」と教えられているのでしょう。
物置小屋に入るのに気を使ってしまいます…
無事に育ってほしいものです。

くちばしの数からすると6羽かな?

親鳥。お父さんお母さん一緒にがんばっています。

それにしても、5月というのに急に寒くなったり(先日蜂場は朝方に氷点下になりました)、暑くなったり、嵐のような風や雨が多かったり、いつもこんなだったけな?と不安になってしまいます。
気候が変動して、環境が変われば、養蜂もできなくなるかもしれません。
今後の地球環境に思いをはせる今日この頃です。


  • 最近の投稿

  • 2018年5月
    « 4月   6月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • カテゴリー

  • アーカイブ


Top