はちのわ日誌

ラベンダーの季節

ミツバチの作業、週末だけではカバーできないことも多く、平日に一人で高速バス+ローカルバス+徒歩で蜂場に行き、森の中(夜は真っ暗)の小屋に泊まることもしばしばあります。
片道5時間。
だいぶ慣れましたが、今の所、楽しい4:しんどい6くらいでしょうか(^^;

この季節、蜂場の近辺ではラベンダーの花が見られるようになりました。
先週は、ローカルバスを待つ駅前で花壇のラベンダーにたくさんのミツバチが訪れていて癒されました。
はちのわの蜂場にもお試しでラベンダーを少し植えていますが、まだまだ小さく、頼りなげです。
この光景を見て、ミツバチが喜ぶくらいにラベンダーを増やしたいなぁと思いました。

ちなみに、ラベンダーは草ではなく木の仲間なんだということを、品種を調べていた時にはじめて知りました。
また、ラベンダーにもいろいろ品種がありますが、最初は見た目の華やかさで選んだりしていました。
しかし、実はそれが蜂場の気候には合っていなかったことがわかったり…
ラベンダーはもともとは寒さに強く暑さに弱い植物のため、暑さに耐えられるような品種改良がされたりしているんですね。そういう品種は冷涼な蜂場には適していなかったのです。
まだまだ勉強不足です。

寒い地域には、イングリッシュ系の品種が適しているそうで、確かに昨年植えた数種の中で冬を越したのはイングリッシュ系のヒドコートという品種でした。
今年はその苗をいくつか追加したところです。

直前のお知らせになってしまいますが、7/28(金)・29(土)・30(日)と、今年も「はちみつフェスタ」が銀座の紙パルプ会館にて催されます。
さまざまなはちみつを味わえる機会ですので、ご都合のつく方はぜひ足をお運びください。
はちのわも「ALL JAPAN HONEY」という養蜂家チームの一員として参加します。


  • 最近の投稿

  • 2017年7月
    « 6月   8月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • カテゴリー

  • アーカイブ


Top